さりげない存在感を放つ記者会見パネル

宣伝効果抜群の記者会見パネル

記者会見パネル、あれを発案された方すごいですよね。やっぱり気が付いたらつい見ちゃってることが多いように感じます。しれっとしていますが、かなりの宣伝効果があると思います。考えた方、天才的です。わたしは野球が好きなので、よく目にするのは試合後のヒーローインタビューが一番ピンときます。あとは芸能人の方の記者会見の印象が強いですよね。
知り合いの方に教えていただいたことがありますが、あの「記者会見パネル」。正式には「インタビューボード」と呼ばれているようです。なるほど、確かにインタビューボードでしっくりきますよね。でもあれってずっと前からあったかな?とふと疑問に思いました。記者会見の時は金屏風とか、例えば野球だと入団会見や引退会見の時はバックにどデカい球団旗が掲げてあったような気がします。いつからあの「インタビューボード」が出てきたのでしょうか。
先程の知人曰くですが、元々F1などではあのようなスポンサーさんがたくさん書かれたボードを使用していたらしく、1990年代にはあったとのこと。なるほど、確かにF1のイメージもある気がします。でも球場でヒーローインタビューを見るとあのボードの小ささがおもしろいんですけどね。こんなに小さかったのか!と思います。あれは完全にテレビ用に考案されたものですね。

記者会見パネルにチェック柄が多い理由

テレビで多くの有名人の方などが記者会見を開く際に後ろにパネルがありますよね。それのことを記者会見パネルといいます。なぜこの記者会見パネルが必要なのか、さらにチエック柄の記者会見パネルが多いのはなぜかということを話していこうと思います。
記者会見パネルがあることにより写したい人を目立たせることができます。後ろがただの壁だと記者会見で誰が主役なのかが分かりにくいです。なのでわざわざ記者会見の際にはこの記者会見パネルを置いているのです。記者会見パネルは色があったりして人の存在をはっきりさせることができるからです。
そんな記者会見パネルの多くはチェック柄が多いです。市松模様とも呼ばれるものです。これはより記者会見をする人によりインパクトを与えることができます。先程も言いましたが、記者会見パネルを使うのは人物を目立たせるためでチェック柄にするとその効果がより強いです。
さらにチェック柄にすると間に会社のロゴや会社名を入れやすいです。そうすることでテレビに写った際や写真に載った際にPRすることができます。なのでこのチェック柄にすることは企業にとってもメリットがあるのです。これがチェック柄が多い理由なのです。なのでこれから記者会見パネルを見たときに思い出してみてください。